熊谷守一 Kumagai Morikazu

作家略歴

1880年 (明治13) 岐阜県恵那郡付知村に生まれる。
1883年 (明治16) 生母と離れ、父と二人の妾の住む「岐阜の家」に引き取られ幼少年時代を過ごす。
1897年 (明治30) 岐阜中学3年で上京。このころから画家を志望する。
1900年
 
(明治33)
 
東京美術学校西洋画選科入学。黒田清輝らの指導をうける。
同級生に青木繁、和田三造、山下新太郎らがいた.
1904年 (明治37) 東京美術学校西洋画選科を首席で卒業。
1905年 (明治38) 樺太調査隊に加わる。
1909年 (明治42) 第3回文展に「蝋燭」を出品し、褒状を受ける。
1910年 (明治43) 実母の死を機に帰郷。この間のふた冬は山中で日傭(ヒヨウ)となる。
1915年
 
(大正4)
 
斉藤豊作らの勧めによりやっと再上京。
このころから武者小路実篤、志賀直哉や音楽家の信時潔、颯田琴次らと親交を深める。
1922年
 
 
(大正11)
 
 
和歌山県、田辺の名家の子女、大江秀子と結婚。
このころ、次第に極貧の生活となるが「とてもじゃないが絵を描く気にはなれなかった」ため、
懐中時計の修理や音の振動数の計算をして過ごす。
1932年
 
(昭和7)
 
現在の豊島区千早町に自宅を新築して転居する。
このころより再び淡彩画を描き始める。
1938年 (昭和13) 大阪・阪急百貨店にて初の淡彩画個展。
1964年 (昭和39) パリのデヴィット・エ・ガルニエ画廊で個展が開かれ、好評を博す。
1967年 (昭和42) 文化勲章受章者に内定したが、「お国のために絵を描いていたのではない」と辞退。
1972年 (昭和47) 勲三等叙勲の内示があるがこれも辞退。
1977年 (昭和52) 6月末呼吸困難を訴え床につき、8月1日肺炎のため永眠。97才。
1985年 (昭和60) 自宅跡に熊谷守一美術館が設立される。

熊谷守一水墨淡彩画鑑定登録会 登録作品集

「熊谷守一水墨淡彩画鑑定登録会 登録作品集 第一集」 2003年8月刊行 ¥6,090-(税込)

「熊谷守一水墨淡彩画鑑定登録会 登録作品集 第二集」 2005年6月刊行 ¥8,400-(税込)

「熊谷守一水墨淡彩画鑑定登録会 登録作品集 第三集」 2007年7月刊行 ¥8,400-(税込)

「熊谷守一水墨淡彩画鑑定登録会 登録作品集 第四集」 2010年4月刊行 ¥10,500-(税込)

「熊谷守一水墨淡彩画鑑定登録会 登録作品集 第五集」 2011年3月刊行 ¥10,500-(税込)

「熊谷守一水墨淡彩画鑑定登録会 登録作品集 墨蹟第一集」 2009年12月刊行 ¥10,500-(税込)

詳細は「熊谷守一水墨淡彩画鑑定登録会」までお問い合わせ下さい。

   TEL:03-5524-5471

   e-mali:webmaster@kumagai-touroku.org