大津英敏 Ootsu Eibin

GALLERY

「空と雲とエッフェル塔」
油彩 10.5×15.5cm

画歴

1943年 (昭和18年) 熊本市健軍町に生まれる。のち福岡県大牟田市に転居。
1962年 (昭和37年) 福岡県立三池高等学校を卒業後上京。画家を志す。
1963年 (昭和38年) 東京藝術大学美術学部油彩科に入学。山口薫教授に学ぶ。
1966年 (昭和41年) 第7回現代日本美術展コンクール部門で「みどりの中に」が入選。
1967年 (昭和42年) 東京藝術大学卒業。同大学院に進学し、引き続き山口薫教授に師事する。
1969年

(昭和44年)

大学院修了。同大学美術学部油彩科副手に就任。
第37回独立展に「空―娘たち」を初出品、初入選。
1970年 (昭和45年) 東京藝術大学美術学部油彩科助手となる。(1973年まで)
1971年 (昭和46年) 第39回独立展に「蹴まり」「彼女の休日」を出品し、独立賞を受賞。
1972年
 
(昭和47年)
 
第15回安井賞展に「蹴まり」「遠い海」が入選し、賞候補となる。
第40回独立展に「ふたり」「子供たち」を出品し、独立賞を受賞。
1973年 (昭和48年) 第42回独立展に「毬唄」を出品し、独立美術協会会員に推挙される。
1979年 (昭和54年) 家族と共に渡欧。パリに居住し、欧州各地を旅行。
1981年 (昭和56年) フランスより帰国。
1983年
 
 
(昭和58年)
 
 
第26回安井賞展に「KAORI」を出品し、安井賞を受賞。
第5回日本秀作美術展(主催:読売新聞社)に「少女・毬歌」が選ばれ出品。
以降、1994年を除き毎年選抜出品。
1986年
 
(昭和61年)
 
はじめての作品集『大津英敏集』(求龍堂)を刊行。
大牟田文化会館に陶壁画「たびだち」を制作。
1988年
 
(昭和63年)
 
「しずもれる愛の詩」大津英敏展開催(主催:日本経済新聞社ほか)。
『大津英敏画集』(講談社)を刊行。
1989年 (平成元年) 多摩美術大学教授に就任。
1991年 (平成3年) 日経ポケット・ギャラリー『大津英敏』(日本経済新聞社)刊行。
1992年 (平成4年) 「1992 両洋の眼・現代の絵画展」に「芽ばえ」を出品。以降、毎年。
1993年
 
 
(平成5年)
 
 
第36回安井賞展選考委員となる。
画文集『過ぎし日々』(日本経済新聞社)刊行。
第11回宮本三郎賞展に「宙・そら」を出品し、宮本三郎記念賞を受賞。
1994年 (平成6年) 独立美術協会に有志による十果会に加わり、第16回十果会展に「浜辺の詩」を出品。以降、毎年出品。
1996年
 
(平成8年)
 
福岡県八女郡立花町主催による大津英敏展「過ぎし日々」開催。
黒井千次作「夢時計」で初の新聞小説の挿絵を担当(北海道新聞、東京新聞、中日新聞、西日本新聞)。
1998年
 
(平成10年)
 
大津英敏「鎌倉からパリへ」絵画展を開催(主催:かながわ・ゆめ国体鎌倉市実行委員会)。
『大津英敏画文集 家族へのまなざし』(日本経済新聞社)を刊行。
1999年 (平成11年) 「家族へのまなざし」大津英敏展(主催:鎌倉市)を開催。大牟田市を巡回。
2000年
 
(平成12年)
 
「ミレニアムの小宇宙」大津英敏展(東京・京橋画廊)を開催。
営団地下鉄南北線白金台駅に初めてのステンドグラス作品「白金春秋」完成。
2001年 (平成13年) 北京精華大学90周年記念展に「天使のいる街」を品。
2002年
 
(平成14年)
 
「2002 日韓現代美術展」(主催:日韓現代美術展実行委員会、韓日現代美術展実行委員会)に「河」出品(5月横浜島屋、12月ソウル仁寺洞にて開催)。
2003年
 
(平成15年)
 
「早春のパリ・南フランス大津英敏ミニアチュール展」(東京・京橋画廊)を開催。
辻井喬作「朝日新聞連載小説 終わりからの旅」の挿絵を担当。
2005年 (平成17年) 第28回損保ジャパン東郷青児美術館大賞受賞。
2006年 (平成18年) 損保ジャパン東郷青児美術館大賞受賞記念「大津英敏展」開催。
2007年
 
 

(平成19年)
 
 

日本藝術院賞受賞。日本藝術院会員に就任。
多摩美術大学造形表現学部学部長に就任。
アートフェア東京(京橋画廊)「大津英敏 風景画展 〜思い出のフランス〜」開催
地球温暖化防止全国鉄道広告キャンペーン「エキからエコ」に「サバンナの太陽」を制作協力参加。
2008年
 
 
 
 
(平成20年)
 
 
 
 
地球温暖化防止全国鉄道広告キャンペーン「エキからエコ」に「ホワイティ」を制作協力参加。
東京メトロ副都心線渋谷駅にステンドグラス「海からのかおり」を制作。
島屋美術部創設100年記念「風景画への道 大津英敏展 〜日本・思い出のヨーロッパ」(東京・大阪・京都・横浜・名古屋・高崎・米子・岡山島屋巡回)。
日本藝術院会員就任記念「大津英敏―風景画への道’09」(熊本・鶴屋百貨店 主催:熊本日日新聞社)。
2009年
 

(平成21年)
 

「新フランス物語 大津英敏展」(日本橋・福岡三越)
堺屋太一作「新聞連載小説 三人の二代目」の挿絵を担当(産経新聞社ほか全国37紙に掲載)。

地球温暖化防止全国鉄道広告キャンペーン「エキからエコ」に「翔びたい気持」を制作協力参加。
2010年
 
(平成22年)
 
「大津英敏 三人の二代目挿絵展」日本橋・米子・岡山・大阪・京都・岐阜・高崎・名古屋・横浜高島屋を巡回
地球温暖化防止全国鉄道広告キャンペーン「エキからエコ」に「平成の虎」を制作協力参加。
2011年 (平成24年) 地球温暖化防止全国鉄道広告キャンペーン「エキからエコ」に「セーヌ河の朝陽」を制作協力参加。
2012年

(平成23年)

「大津英敏展 フランス・オランダ紀行」 (日本橋・大阪・福岡三越を巡回)
地球温暖化防止全国鉄道広告キャンペーン「エキからエコ」に「セーヌ川のホワイティ」を制作協力参加。
2013年


(平成24年)


「大津英敏展−風景画への道−」 (熊本・鶴屋)
地球温暖化防止全国鉄道広告キャンペーン「エキからエコ」に「燦」を制作協力参加。
「大津英敏展〜ちいさな大空間〜」(東京・京橋画廊)
2014年 (平成25年) 多摩美術大学教授退職
現在
 
 
日本藝術院会員
独立美術協会会員
多摩美術大学名誉教授

画集

「大津英敏」(求龍堂刊行)
「大津英敏」(講談社刊行)
「大津英敏」(日本経済新聞社刊行)
「過ぎし日々」(日本経済新聞社刊行)
「家族へのまなざし」(日本経済新聞社刊行)
「ポケット・ギャラリー 大津英敏」(日本経済新聞社刊行)

作品収蔵

大牟田美術館、佐久市近代美術館、東京国立近代美術館、彫刻の森美術館、浜松市美術館、福岡県立美術館、福岡市美術館、
横浜美術館、直方市谷尾記念美術館、松本市美術館、大分市美術館、陽山美術館、蘭島閣美術館、熊本市現代美術館、
日本藝術院、久留米市、大分市、立花町、今治市、外務省
ページ上に戻る