山田嘉彦 Yamada Yoshihiko

作家略歴

1940年 東京市(現・東京都)江戸川区小岩に生まれる。
1964年
 
東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻(林武教室)を卒業。
第32回独立美術協会展に出品。
1966年 東京芸術大学大学院(牛島憲之教室)修了。同大学に勤務。
1969年
 
 
フランス政府給費留学生として渡仏。
東京芸術大学の助手をしていた同世代のグループ《十騎会》に参加。
第1回展より出品(以後毎回出品)。
1971年 ミッシェル画廊(フランス・カーパントラ)にて個展開催。
1974年 上野の森85年歩み展(東京セントラル美術館)に出品する。
1978年 東京芸術大学教授となる。
1980年 第29回五都展に出品する(以後第34回まで毎回出品)。
1981年 富山県立近代美術館に「砺波」所蔵される。
1983年 富山を描く-100人100景展(富山県立近代美術館)。
1986年 第1回現美展に出品する(以後毎回出品)。
1987年
 
 
東京・京橋画廊にてパステル展開催。
「山田嘉彦画集」が求龍堂より刊行される。
埼玉県立近代美術館にて「斎藤豊作と日本の点描」展に出品。
1993年 日本テレビ「美の世界」に出演する。
1994年 中野区立もみじ山文化センターに「海を捧ぐ1」収蔵される。
1995年 東京・京橋画廊にて個展開催。
2001年 第1回21世紀展に出品。以降毎年出品。
2005年 日本橋高島屋にて個展。
現在
 
十騎会同人
東京学芸大学名誉教授

点描画とは…

山田先生の作品は点描画法により描かれています。
点描はスーラ、モネといった後期印象派の画家達に
よって完成された画法です。点描画法で描かれた絵
を細かく見ると、単色の小さな油絵具の点の集まり
になっていますが、これが人間の目に映る時に色の
混合が起こり、像を結んで見えます。通常はパレッ
トの上で混ぜる色を、より鮮やかでやわらかい色を
出すために目の網膜上で混ぜていることになります。
山田先生の作品は、師匠の故・牛島憲之先生と同様、
現地での緻密なスケッチを基にアトリエで制作され
ます。特に仕上げの段階では、小さな一つの点の有
無や置き場所にも徹底したこだわりを見せられます。
絵具本来の鮮やかさを活かし、不思議に落ち着いた
空間を創り出す点描画法ですが、構図の安定性など
作家としての力量が問われ、ごまかしの効かない画
法といわれています。
山田先生は、そうした本来の点描画法に最も忠実に
取り組む作家の一人で、現在の洋画壇の中にあって
点描の第一人者となっています。